日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)
  1. Top
  2. » 公団住宅の給水塔
  3. » 公団高の原駅前団地

公団高の原駅前団地

P1130734-2.jpg

完成:1986年(昭和61年)
戸数:338戸
撮影:2008年10月、2009年10月
地図

P1130748.jpg
近鉄京都線、高の原駅。
奈良と京都にまたがる「平城ニュータウン」の中心に位置する駅です。

P1130743.jpg
そんな高の原駅のまさに“駅前”にあるのが、今回ご紹介する高の原駅前団地。

P1020763.jpg
住棟数は少なめ。

P1020797.jpg

P1020796.jpg
昭和60年代ともなると、住棟は普通の羊羹型ではなく凝った形状になっています。

P1020795.jpg
集会所は古都・奈良らしく和風。

P1020794.jpg
住都公団マーク入りのプランターなんかもありました。ちょっと珍しい?

P1130731.jpg
しかしこの団地の最大の特徴は、なんといっても給水塔でしょう!
基本的には公団に多いボックス型であるものの、細部に至るまで実に細かな装飾が施されています。

P1130733-1.jpg
特にこの頭頂部がすごい。
複雑な凹凸が織り成す陰影。
凝ったデザインの給水塔はたくさんありますが、ここまで細部のディテールに拘った物は珍しい。

P1020.jpg
華やかな頭頂部に比べると一見地味な、給水塔の足元。
しかし、実はここにも凝った仕掛けがしてあるのです。
階段の右側、漢字が書かれた正方形のプレートが見えるでしょうか?
もうちょっと寄ってみましょう。

P1020785.jpg
“坤”という文字。
他にも同じようなプレートがありました。

P1020786.jpg
巽。

P1020788.jpg
艮。

P1020784.jpg
乾。

もうお気づきの方もいるでしょう。
これらは“四維”と呼ばれる四つの方位を示しているのです。
坤=南西、巽=南東、艮=北東、乾=北西となります。
こんな目立たない部分にまで、遊び心を感じさせる仕掛け。
実に心憎い!

四維とは - Weblio辞書

P1130729.jpg

この団地が出来た昭和61年と言えば、まさにバブル景気の入口。
この頃には団地の大量建設・大量供給の時代は終わりを告げ、よりバリエーション豊富な住戸プランや住棟デザインが生まれてきました。
善し悪しは別にして、その流れは現在のマンション建設にも繋がっています。
しかし、この流れは給水塔には訪れませんでした。
ご存知のとおり、技術の進歩等により給水塔そのものがほとんど作られなくなったのです。
その点でこの給水塔は、豊かな時代と“給水塔という構造物”との束の間の交錯の産物と呼べるのではないでしょうか?
関連記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://kyusuitou.blog87.fc2.com/tb.php/96-d7327da2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

日本給水党と党首について

UC

党首:UC
2008年10月結党。
以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。
→もっと詳しく

よくある質問と答え

団地愛好家集団
チーム4.5畳
の一員として、団地イベントの開催や団地ラジオの配信等をやってます。

twittertumblrinstagramfacebook

給水塔形状別の団地一覧
掲載済み団地一覧
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

タグリスト
全記事表示

全ての記事を表示する

リンク
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
11位
アクセスランキングを見る>>