日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)
  1. Top
  2. » 公団住宅の給水塔
  3. » 公団多聞台団地

公団多聞台団地

公団多聞台団地西側の給水塔
完成:1965年(昭和40年)
戸数:960戸
撮影:2009年7月、2012年8月
Googleマップ

公団明石舞子団地の北西にある団地。
といってもそこそこ離れているし、起伏も激しいので歩いていくよりJR舞子駅か地下鉄学園都市駅からバスで行った方が良いです。
特に夏場は危険!(経験者談)


公団多聞台団地の遠景
炎天下、明舞団地から歩いていくと、折り重なるように連なる住棟とその向こうに給水塔が見えてきました。


公団多聞台団地西側の住棟
坂道に沿って住棟が延々と。


公団多聞台団地西側の住棟と植栽
団地内は公団住宅らしく、広々とした棟間隔と立派な植栽。


公団多聞台団地西側給水塔の側面
南から北へ坂を登りきった先に給水塔があります(冒頭の写真と同じ給水塔です)。

ボックス型で薄い赤と青のライン入り。
もともとこの色なのか、褪色してこうなったのか微妙なところ。


公団多聞台団地の配置図
今まで団地の西側を見てきましたが、少し離れた東側にも住棟があります。
同じ団地でありながら、2ヶ所に分かれているというちょっと珍しい配置。


公団多聞台団地東側から見た西側の住棟
東側のエリアから先ほどまでいた西側の住棟群を望む。

間にあるのはご覧の通り民家。
元からこういう計画だったのか、用地買収が上手くいかなかったのか。


公団多聞台団地の商店棟
先ほどの配置図に描かれていた円弧の形をした棟には商店が入っています。


公団多聞台団地商店棟のアップ
2階の透かしブロックがインパクト大!各店舗の看板も味わい深い。
(閉まっているお店が多いのは残念ですが)


横から見た公団多聞台団地商店棟
横から見るとカーブしているのがよく分かります。


公団多聞台団地の公共施設棟
ちなみに商店棟の向かい側、配置図で小さい円弧で描かれた棟はこちら。
管理事務所や郵便局、交番などが入っています。


公団多聞台団地のボックス型住棟
東側にはボックス型ポイントハウスがあります。


公団多聞台団地東側の遊具更新前
2009年の訪問時には古い遊具もありました。


公団多聞台団地の遊具更新後
ところが今年(2012年)再訪した時には土管がなくなり、周囲のくぐり壁も塗り替えられていました。
建て替えがなくとも、こうして団地は少しずつ変わっていきます。


公団多聞台団地東側の銘板更新前
変わったといえば銘板も。こちらは2009年の状態。文字が一部欠けています。


公団多聞台団地東側の銘板更新後
そしてこちらが2012年の姿。

いまさら「日本住宅公団」に復元するはずもなく、UR都市機構に。
欠けたままよりはこの方が良いですね。
フォントはもうちょっと他になかったのかなとは思いますが。


公団多聞台団地東側の給水塔
東側にも給水塔があります。

こちらは薄い赤と黄色のライン。
給水塔の姿は2009年から変化なしです。


公団多聞台団地東側給水塔の注意書き
この注意書きはUR都市機構に変えないんですかね。
いや、この手書き看板のままの方が個人的には好きなのでそっとしておいてほしいですが。


下から見上げた公団多聞台団地東側給水塔
大きな団地ではありませんが給水塔は2つあるし、商店棟などいろいろ見所の多い団地だと思います。
関連記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://kyusuitou.blog87.fc2.com/tb.php/171-fe4a0a43

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

日本給水党と党首について

UC

党首:UC
2008年10月結党。
以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。
→もっと詳しく

よくある質問と答え

団地愛好家集団
チーム4.5畳
の一員として、団地イベントの開催や団地ラジオの配信等をやってます。

twittertumblrinstagramfacebook

給水塔形状別の団地一覧
掲載済み団地一覧
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

タグリスト
全記事表示

全ての記事を表示する

リンク
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
13位
アクセスランキングを見る>>