日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)
  1. Top
  2. » 公社住宅の給水塔
  3. » 都公社愛宕二丁目住宅

都公社愛宕二丁目住宅

公社愛宕二丁目住宅給水塔
完成:1972年(昭和47年)
戸数:402戸
撮影:2012年7月
地図

「日本一有名なタワーは?」
と問われれば、誰でもすぐに東京タワーか、最近ならスカイツリーの名を挙げられるでしょう。

それでは
「日本一有名な給水塔は?」
というと、東京タワー並みに有名な給水塔は残念ながら存在しません。
しかし、映画やCMなどに登場して多くの人の目に触れている給水塔ならいくつかあります。

今回ご紹介する多摩市の愛宕二丁目住宅給水塔もそのうちの一つ。
あのジブリ映画「耳をすませば」に登場するのです!
ほんの一瞬ですが。

そんな訳で「耳すま」ファンによるいわゆる「聖地巡礼」の対象としてすでに各所で何度も紹介されているのですが、当サイトではあくまで団地・給水塔の観点からご紹介したいと思います。


a55-20120726DSC02761_DxO.jpg
昭和47年3月入居開始で全14棟402戸、すべて5階建て中層棟という、それだけなら極めてオーソドックスな団地。

しかし、実は多摩ニュータウンにおける公社の記念すべき第一号団地がこの愛宕二丁目住宅なのです。
そういう意味では映画に出ようが出まいが、団地愛好家にとっては「聖地」。


a55-20120726DSC02764_DxO.jpg
案内板にはちゃんと「給水塔」の表記も。


a55-20120726DSC02765_DxO.jpg
給水塔を拝むには団地の周囲を巡るこの「あたご一息坂」を登らなければいけません。


a55-20120726DSC02778_DxO.jpg
息も絶え絶えに坂を登ると(一息では登れません…)、その先に給水塔の姿が!


a55-20120726DSC02782_DxO.jpg
「耳をすませば」で描かれたのはだいたいこんな感じのアングルから。

ただ、映画では住棟の南側バルコニー面が見えてますが、実際に見えるのは階段室のある北側。
(映画の登場場面の画像は検索すればすぐ見つかりますので、気になる方はお探しください。著作権法上どうなの?と思うので当サイトでは貼りません)


a55-20120726DSC02787_DxO.jpg
さすがの風格。


a55-20120726DSC02788_DxO.jpg
この給水塔を特徴付ける若草色の飾りは4方向すべてに付いています。


a55-20120726DSC02790_DxO.jpg
給水塔のすぐ横には案内図に「水道事務所」と書かれていたように、「東京都水道局愛宕配水所」があります。

実は給水塔も団地ではなく配水所の敷地内にあるので、狭義の「団地の給水塔」には当たらないかもしれません。
でも案内図にも描かれているし、たとえ恣意的な解釈と誹られようが、日本給水党としてはこれは疑いなく「団地の給水塔」と認定したいと思います。


a55-20120726DSC02800_DxO.jpg
給水塔の前の坂を北側に下りていって、振り返るとこんな風景。


a55-20120726DSC02803_DxO.jpg
給水塔へと続く坂道。


a55-20120726DSC02808_DxO.jpg
坂道を下りていくと、落ち着いた風情の公園がありました。


a55-20120726DSC02816_DxO.jpg
同時に滑ってどっちが早いか競争できます。


a55-20120726DSC02817_DxO.jpg
公園前の住棟。よく見ると階段室の腰壁が飛び出していて、給水塔横の住棟とは違うデザインになってます。


a55-20120726DSC02822_DxO.jpg
3連の住棟番号な上にゾロ目。なんか嬉しくなってくる。


a55-20120726DSC02821_DxO.jpg
団地内の芝生や木々は丁寧に手入れされていました。


a55-20120726DSC02827_DxO.jpg
南側から見上げた給水塔。

実は結構急峻な場所に立っています。
これだけ自然が残ってるからか、小鳥のさえずりがあちこちから聴こえてきました。
あまりにはっきり聴こえるので「テープ流してる?」と思ってしまったくらい。


a55-20120726DSC02762_DxO1.jpg
撮影時には気づきませんでしたが、案内板の上にこんなイラストつきの説明がありました。

メジロにヤマガラにシジュウカラ…。
素晴らしい仲間たち。


a55-20120726DSC02768_DxO.jpg
こちらは愛宕第二公園。
(第一公園も当然あったのですが、外回り中と思われる方がベンチで豪快に寝てたので遠慮しときました…)


a55-20120726DSC02847_DxO.jpg
真夏だったけど木々に囲まれて幾分涼やかな空間になっていました。


a55-20120726DSC02844_DxO.jpg
ウサギ。


a55-20120726DSC02839_DxO.jpg
カメ。


a55-20120726DSC02841_DxO.jpg
あんた誰?


a55-20120726DSC02850_DxO.jpg
公衆トイレのデザインも給水塔に似てちょっとエッジが効いてます。


a55-20120726DSC02770_DxO.jpg
そして見上げれば給水塔が顔を覗かせます。最高の公園!


rx100-20120726DSC00792.jpg
最後に、帰りの電車から一枚。


ということで、しばらくこの夏に撮影した東京の給水塔をお届けしたいと思います。
関連記事

Comment

No.204 / N [#-] 懐かしの第二公園!

幼少時、このすぐ近くに住んでいました。
懐かしい第二公園の動物たち・・・!
大人になってから一度訪れたのですが、
そのとき撮った写真を失くしてしまい(デジカメ紛失)・・・
だからこの写真、本当に嬉しかった。
ありがとうございます!!
ちなみに、誰?といわれていた動物さんは、ウシさんだったかな?
あれ?サイさん??
昔はカラー(色つき)だったので判別できたのですが。。。

2016 09/16 (Fri) 20:28

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://kyusuitou.blog87.fc2.com/tb.php/162-312b2769

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

日本給水党と党首について

UC

党首:UC
2008年10月結党。
以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。
→もっと詳しく

よくある質問と答え

団地愛好家集団
チーム4.5畳
の一員として、団地イベントの開催や団地ラジオの配信等をやってます。

twittertumblrinstagramfacebook

給水塔形状別の団地一覧
掲載済み団地一覧
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

タグリスト
全記事表示

全ての記事を表示する

リンク
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
13位
アクセスランキングを見る>>